婚約指輪っていつ頃からあったものなの?

婚約指輪というのは今では当たり前の様になってきた物ですが、いつの頃から、婚約指輪ってあったのでしょうか?日本では洋服の文化になるまでは、アクセサリーの様な物は身につけることもほとんどなかったと思いますので、世界的に考えても、婚約指輪が浸透してきたのは大分後になってからなのではないでしょうか?

婚約指輪が愛の証として、男性から女性に贈られる様になったのは、古く古代ローマ時代からだと言われているそうです。

世界で最初の婚約指輪といわれているのは15世紀にさかのぼり、ハプスブルグ家の王子であるマクシミリアン大公が、ブルゴーニュ公シャルルの娘であるマリアと婚約する際に指輪が贈られたのだそうです。

婚約指輪というのは最初は鉄素材、そして2世紀になると金素材の指輪が登場したそうです。

そして、1456年にオランダ人がダイヤモンドの研磨に成功したことによって、王室ではダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪を贈る習慣となったといわれています。

庶民の間で婚約指輪が浸透してきたのは19世紀頃のこと、女性の憧れのティファニーセッティングが登場したのもこの時代だといわれています。

日本の婚約指輪の普及については、やはり遅く、結納品となったのは1960年頃だそうです。

1970年に入ると、婚約指輪を贈る男性の割合はかなり増えて、ダイヤモンドがあしらわれているデザインよりも、パールや誕生石の物が多かったそうです。

ダイヤモンドの婚約指輪が浸透してきたのは、1970年代後半くらいからで、8割程度の男性がダイヤモンドの婚約指輪を贈る様になったと言われています。

参考リンク・・≫ [http://www.shopkonacoffee.com/